住民アセス支援サイト

NPO地域づくり工房

NEW!:夢洲の未来の自然環境のために

NPO地域づくり工房では、公益社団法人:大阪自然環境保全協会と連携して、2025年の「大阪・関西万博」に向けた環境アセスメントのあり方について提案するためのワークショップや地域調査を実施しています。
この活動は2019年度独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」の助成を受けて実施しています。

中小規模の開発事業が身近に計画されているときに、どんな環境配慮を働きかけたらいいかを考えるきっかけに、このサイトをご利用ください。

環境影響の度合いを簡易チェックするため、10問程度の質問に答えていただきます。下記のアイコンから対象となる事業を選択し、質問に答えていくことで環境配慮事項の簡易診断が行われます。

また、事業者に働きかけることや、自分たちで調べることなどのアドバイスが示されます。また、簡易診断結果を利用して、住民としての事業の環境影響に対して心配することを示して、他の住民や関心のある市民、関係機関(自治体や環境NPO)などに見てもらい、意見をもらうための「暫定評価書案」の骨格をワードで作成できます。あくまでも参考としてご利用ください。

Ⅰ. 簡易な環境影響診断

再開発ビルやショッピングモール、学校・幼稚園、マンション建設等をはじめ、上に示すような身近な中小規模の開発事業に対して環境配慮を働きかけるための環境影響診断ソフトです。

Ⅳ. つくってみよう!環境マップ
~人と自然のふれあい~

再開発ビルやショッピングモール、学校・幼稚園、マンション建設等をはじめ、上に示すような身近な中小規模の開発事業に対して環境配慮を働きかけるための環境影響診断ソフトです。

登録しよう!
私たちの環境マップ

つくった環境マップを日本地図の上に登録して発信しよう!

『人と自然のふれあいマップ』へGo!

Ⅵ. 3D-VRデータ作成支援サービス

開発計画や住民提案を3D-VRで可視化するお手伝いをします。

このサイトは、 独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」
トヨタ環境活動プログラムの助成を受けて作成しました。


<構成中のサイトです。皆様のご意見 & ご感想をお寄せください。>

問い合わせ先

NPO地域づくり工房
長野県大町市仁科町3302(郵便番号 398-0002)
mailto:npo@omachi.org    http://npo.omachi.org/