Archive for the Nanohana-Blog ◊ ブログ ◊

Author: kasa
• 水曜日, 6 月 01st, 2016

大町の芸術祭を考える会が主催する第3回討論会が以下のように開催されます。

日時:6月3日(金) 午後3時~5時
会場:サンアルプス大町(研修室)

今回は、「北アルプス国際芸術祭」の基本計画と、これに対する「環境社会配慮評価書案」(住民アセス)を討議資料として、国際芸術祭の進め方について意見交換します。

NPO地域づくり工房では、「考える会」からの依頼を受けて、住民アセスの設計や調査、運営を受任しています。

現在、評価書案とその概要などをホームページに掲載しています。ぜひご覧いただきまして、ご意見をお寄せください。

「北アルプス国際芸術祭 ~信濃大町 食とアートの回廊~」基本計画に対する環境社会配慮
評価書案(A4×13頁)
評価書案の概要(A4×2頁)
Category: ブログ  | Leave a Comment
Author: yuko
• 土曜日, 5 月 21st, 2016

yukoです

今日はお天気もよく、花も見ごろ、きれいでした。アヤメとアザレアの饗宴:!:

160521_134501160521_124801菜の花ステーションでは、ここのあやめ、アザレアで染めたストールや

160521_125101菜の花関連商品を販売しましたよ:arrow:

160521_125201

明日も出店しますので、よろしくね:wink:

応援クリック よろしくお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
Category: ブログ  | Leave a Comment
Author: yuko
• 金曜日, 5 月 20th, 2016

yukoです

5月21日~29日 農具川アヤメ祭りが開催されます。場所は上花見橋近くです。

菜の花ステーションも、5月21・22日と28・29日に出店させていただきます。

ここから始まったあやめ染め商品なども販売いたしますので、ぜひお出かけください。

140531e8beb2e585b7e5b79de38182e38284e382812

e38182e38284e38281e88ab1e69f93e38281151208_1406011

150609_175101ここからだけのプレゼントにどうぞ:smile:

応援クリック よろしくお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
Category: ブログ  | Leave a Comment
Author: yuko
• 火曜日, 5 月 17th, 2016

yukoです

4月27日よりお寄せいただきました、熊本水俣病不知火患者会あてに行いました募金を、本日一旦集計させていただきました。

85,352円 の募金が集まりました。

ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。同患者会に送金させていただきます。

また、5月13日より、長野県みらい基金 と連携しながら、進めております。

NPO地域づくり工房の水俣不知火患者会への支援金、寄付ページ からも受け付けておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

5月13日に、県庁にて、知事記者会見の中で、紹介されました↓

513e8a898e88085e4bc9ae8a68b

応援クリック

よろしくお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
Category: ブログ  | Leave a Comment
Author: kasa
• 金曜日, 5 月 13th, 2016

代表の傘木です。

5月10日~14日、名古屋国際会議場にて、国際影響評価学会(IAIA:International Association for Inpact Assessment)が、「Resilience and Sustainnability(回復と持続可能性)」をテーマに開催されました。本会のポスター発表を見る参加者

同学会の大会は36回目にして初めての日本開催です。1100名余の参加者のうち、海外からは900名余で、日本人は少なくて、日本におけるアセス分野の力のなさを感じさせられました。英語が苦手な私は、「国際学会といえども日本開催だから受付や案内スタッフは日本人だろう」と気楽な気持ちで行きましたが、受付も会場案内もすべて外国人ばかりで、のっけからあたふたしてしまいました。全く通訳のない会議への参加は初めてなので、とても疲れました。

この学会で2件の発表をしました。

1) 3D simulation for voluntary EIA by community (Kasagi,Hiroo)

※本会が実践してきた自主簡易アセスの事例とそれに基づき構築している自主簡易アセス支援サイトについてポスター形式で紹介。

2) Access and storage of EIA reports sfter disclouse (Urago,Akiko/Kasagi,Hiroo)

※浦郷昭子さんとの共同発表。日本及び諸外国における環境アセスメント関連図書の保存と公開について調査した結果を紹介。

1)に関して、メガバンク3社の役員の方々が揃ってポスターを見に来られ、意見交換させていただきました。「地域社会に対する投資における環境社会配慮に使えるのでは?」との質問をいただき、「まさにその試みとして、大町市における国際芸術祭の計画に対する自主アセスを取組んでいます」と紹介しました。

2)に関して、日本においては環境アセスメント図書が公告縦覧の期間(30~40日程度)しか公開されていないことに対して、タイの研究者が「本当にそうなのか、タイでは考えられない」と質問されてきました。タイでは無制限に公開され、しかもスマホでも閲覧できます。されたのが印象的でした。

この間、地球環境基金の助成金を元手に、様々な方々のお力添えで、自主簡易アセスの普及に向けた取組みを進めていますが、このように国際学会の場で発信する機会を得られていることに心より感謝申し上げます。

Category: ブログ  | Leave a Comment