トップページ » 中綱南側土砂採取事業「自主簡易アセス」WEBサイト公開のご案内

• 水曜日, 8 月 08th, 2012

代表のkasaです。

本会では、株式会社マテリアル白馬(郷津恵一代表取締役)の委託により、大町市平・中綱地区の南側の山林にて計画されている土砂採取事業における環境保全対策を確立するために、同事業が地域環境に及ぼす影響と必要な対策について、第三者による評価を加え、地元住民等との対話などを通じて検討し、それを開示する業務(中綱南側土砂採取事業自主簡易アセス業務)を行っています。

長野県環境影響評価条例の対象となる土砂採取事業の規模は、第1種事業で面積50ha以上、第2種事業で森林面積30ha以上とされています。本事業はこれらの規模に比べてかなり少ない面積(7.87ha)ですが、事業者の説明責任を果たす努力として簡易な環境影響評価(アセス)が実施されることとなりました。

このたび、この自主簡易アセスの取り組みの一環としてWEBサイトを立ち上げましたのでご案内いたします。同サイトでは、本事業の目的と概要、自主簡易アセスの進め方を紹介し、一般の意見を求めています。

なお、景観と土砂運搬について評価するための3D-VR(三次元ヴァーチャルリアリティ)は、本会の法人会員である株式会社フォーラムエイト様より多大なご協力をいただきました。

動画で事業の概要を紹介しています

動画で事業の概要を紹介しています

現在、自主簡易アセスの実施計画書に対する意見を募集しています。

なお、昨夜、地元・中綱自治会のみなさまに対する説明会を開催いたしました。その概要や参加者アンケートの結果を公開する予定です。

多くの方々に関心を寄せていただきたく、ここにご案内申し上げます。

URL:http://npo.omachi.org/works/saisekijyou/
開設者:NPO地域づくり工房

Leave a Reply