トップページ » 菜の花ブログ » 平公民館「女性講座」と自然エネルギー信州ネット

Author: kasa
• 月曜日, 7 月 25th, 2011

代表のkasaです。

今日の午前中は、大町市女性未来館ピュア(平公民館)が行なっている「女性のためのパワーアップ講座」で、「自然エネルギーを学ぶ」というテーマで講師をさせていただきました。

前半の約1時間、本会の自然エネルギーに関連した活動(くるくる、菜の花、風穴)の紹介と、自然エネルギーの定義や日本・長野県の現状と課題について話題提供しました。また、あらかじめ関心が高いと伺っていた原発事故に関係して思うところを簡単にお話しました。

その後、グループにわかれて、各自がカードに感想・質問・意見を書き、それらをグループ内で交流した後に、各グループより代表的な感想や質問等を発表していただき、それに私からコメントを加える形でまとめとさせていただきました。約25名ほどの受講生から、全部で71枚のカードが出されました。

分類すると、

①NPO地域づくり工房の活動への感想           21枚

 内訳:菜の花オイル関係(7)、活動全般(6)、ミニ水力(4)、風穴(3)、バイオ軽油(1)

②自然エネルギー関係(うち、太陽光関係は5枚)     17枚

③原子力発電関係(高瀬川の揚水発電の位置づけ等)  15枚

④講義への感想等                          11枚

⑤節電について                          7枚

これまで私の知る範囲では、女性の多い講座だと、消費生活に身近な節電についての感想や意見が多く出される傾向があるのですが、やはりご時勢で、自然エネルギーや原子力問題に対する関心が高いことが実感させられました。こうした状況の下でこそ、自然エネルギーや原子力との関わり方を学び、議論する場を広げていくことが大切だなあと思いました。

午後からは長野市に移動し、「自然エネルギー信州ネット」の設立発起人会議に出席してきました。こんどの日曜31日に開催される設立総会の議案を検討する会議です。私は規約づくりを担当し、議案説明をしましたが、私のツメが甘くて、あいまいな規定があったため、議論がいろいろ出て、円滑な議事進行にご迷惑をかけてしまいました。反省。:roll:

会場は消灯して自然採光だけでした

会場は消灯して自然採光だけでした

市民団体や企業、行政、専門家、地域組織などが一堂に会して、長野県における自然エネルギーに関する運動を広げていこうという画期的な協議組織です。個人でも参加できますので、ご関心のある方は、ぜひ仲間の輪に入っていただければ幸いです。

詳しくは、同ネットのホームページ(暫定)をご覧下さい。

※設立総会(参加は無料、どなたでも参加できます)

 日時:7月31日(日)午前10時30分~11時20分

 会場:諏訪東京理科大学448教室(茅野市)

この組織が、午前の講座に来られていたような女性のパワーを引き出せるような動きをつくれたらいいなあと思います。:razz:

自然エネルギー分野でもがんばっていきます。ご声援のクリックよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response

  1. 煌燻木材乾燥の燃料は自然エネルギーの木質バイオマスでCO2排出量はゼロで温暖化を阻止
    ●地球と人間の健康に安全で安心な煌燻木材は温暖化を阻止し、消費税は課税されません。、
    ●財務省は一石5鳥のコージェレーションで転嫁できるため煌燻木材には消費税は課税されない⇒1回の投石で5羽の鳥を撃つ落とす。
     1:木材乾燥 2:100kw/h以上の発電 3:毎日80度以上の湯を2000リットル以上採湯 4:農業,漁業の温室暖房に 5:焼成土と消却灰は有機栽培土壌に

    各位様
    古代人スガオカ 代表酋長 菅岡健司と申します。突然のメールを差し上げる無礼をご容赦ください。

    ●煌燻木材乾燥の原点は、約1500年前の伐採技術の鼎(カナエ)とオンドル床暖房の組み合わせです。鼎⇒出典:森林博物館
    鼎の古書に「木ヲ伐時ハ鼎ノユトリシテ 其の中ニ火ヲタクナリ シカ スレハ生木ト大気ト子ハリアッテ割レル事ナシ」と記載
     鼎の実績は世界遺産や国宝級の三十三間堂、清水寺、法隆寺、西本願寺、五重塔、平等院、正倉院、お城、白川郷など数多く建造
    ●オンドル床暖房は暖炉で燃焼した排熱で床を温め、採湯し屋根の雪も融雪。建設省主催の省エネコンクールで住宅金融公庫総裁賞を受賞
    ●自然エネルギーは雑草、流木や倒木、未利用木材、林地残材、放置間伐材、放置竹林などで長さ12m以内切断とチップやペレット加工などは不要
    ●廃屋同然の倉庫や工場などで煌燻木材乾燥を建築可 実績はHP参照 ●乾燥費は従来の蒸気木材費用の半額以下。

    ◎煌燻(こうくん)は煌(きらめき)燻し(いぶし)で検索。煌燻木材乾燥はNHKテレビニュースや民放で放映。DVDも必見ください。
     煌燻木材乾燥の資料やDVDご希望の方は2,000円のご負担でお願いしています。ご請求いただいてからから4日程で届きます。
     株式会社 古代人スガオカ 代表酋長 菅岡健司 竪穴住居 〒034-0001青森県十和田市大字三本木字稲吉121-448 kodaijin@h8.dion.ne.jp

Leave a Reply