トップページ » 菜の花ブログ » 環境省は暗闇の中・・・

Author: kasa
• 水曜日, 7 月 06th, 2011

 

代表のkasaです。

今日は、調査したいことがあって、過去に行われた環境影響評価(アセス)の保管文書を閲覧するために環境省に出かけました。

はるか向こうの窓からの光のみ

はるか先の窓からの光のみ

閲覧に至る経緯は6/18付ブログに書きました。何を調査したかは別の機会に紹介させていただきますが、けっこう面白いこと(というとまたyukoさんにお叱りを受けそうです)がわかりました。:cool:

 環境省に着いて驚いたのは、その暗さ。:shock:

廊下で知人に出会っても声をかけてもらうまでわからなかった。行き先の部屋の表示も暗くて読めない。自分が鳥目になったのかと疑いました。環境影響評価課の室内も真っ暗。各自のデスクライトがあやしげに灯っています。

私に与えられたデスクと図書の山

私に与えられたデスクと図書の山

やりすぎかもしれないけど、その徹底ぶりに「環境の時代」を担う官庁の意地も感じられて、暗闇の中にも光明がみえるような気がしました。

 

ところで、昨日、復興大臣を辞任した松本氏の前任は環境大臣でした。
職員に「環境省でもあんな威圧的な感じでしたか?」と聞くと、「そんなことはなかったですよ。どうしちゃったんでしょうね。」と返ってきました。ほんと、どうしちゃったんでしょうね。
菅政権はまちがいなく暗闇の中です。:mrgreen:

半分しか動いていないエレベーターの中で、途中から乗ってこられた南川事務次官に「あなた市長選に出て、それからどうしたっけ・・・」と言われ、私「そんなことばかり覚えているんだから」と苦笑いしながら挨拶しました。
このたびの消灯の率先実行も指導力のある南川さんらしい取り組みです。ぜひ他省庁を巻き込んで環境行政をリードしてほしいと思います。:wink:

いや、環境省はもっと頑張らねばという方は、クリックよろしくおねがいします
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response

  1. 思わずクリックしてしまいましたよ :!: 私は、環境省 環境カウンセラーに登録し、環境カウンセラーズ信州の一員でもあります。あくまで、自主的な活動ではありますが、行政や教育機関の方は、私たちをもっと上手に使ってほしいものだと常々思っております。
    kasaさん、面白いことがわかったのなら、おしえてくださいね :wink:

Leave a Reply