トップページ » 菜の花ブログ » 気になる、食品の放射能は?

Author: admin
• 水曜日, 3 月 23rd, 2011

福島の原発事故以来、次々と放射能の人体への影響が報道されています。
とくに、ここに来て食品の放射能汚染がいよいよ心配になってきましたね。

そこで、これを良い機会に、食品と放射能について信頼のおける機関の紹介をしておきます。
皆さんも、無責任な記事や風評に惑わされないよう、この際にしっかり学んでおいたら安心かな(^^;

ざっとこんなところです。
決して十分とは言えない、厚労省や報道からの情報に不安を募らせている皆さんの参考になれば幸いです。
adminからの余計なおせっかいとしては、まず表示される単位について一通り基礎知識を身につけて下さいね。
原発事故の空中線量ではずっと毎時シーベルト(Sv/h)又は毎時グレイ(Gy/h)が使用されてきましたが、放射性物質量はベクレル(Bq)が使われます。
ベクレルは簡単に言うと【毎秒ごとに原子核が自然崩壊する量】と言うことです。ですから「核種」と呼ばれる放射性物質毎に値が決まっています。さらにその核種を含む食べ物の単位量について標準化されるので液体の場合は毎リットル、個体の場合は毎キログラム等が使用されます。
食品等の場合色々な核種が複合して含まれていますので、その総量あるいは個々の核種について表示されています。

あともう一点、これもだいぶ報道等で目にするようになって、良く知られるようになりましたが、3桁づつ変わる「m」、「μ」、「n」、です。左からミリ、マイクロ、ナノですね。一つごとに1000倍違ってきますので気をつけましょう。

learn more…って言う方に(^^;

  • 厚生労働省が頼りにしているらしいWHOの日本語サイト
    FAQ(良くある質問)に日本語のPDF解説があります。

さらに、まだまだ厚労省は信用できん(^^と思っている方に

  • オリジナルの食品輸出入基準?がココにありました。:lol:
    ただし、英語:mrgreen:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply