トップページ » 菜の花ブログ » 農具川作業

Author: kasa
• 日曜日, 4 月 12th, 2009

ほんのちょっと伸び始めたシベリアアイリス会長の小林さん(左)と事務局長の猪又さん(右)市議の八木聡さん

今日は、友誼団体である「農具川環境美化委員会」の作業に参加しました。朝から好天気で、気温も高く、だいぶ汗をかきました。
同委員会は、8年前からこつこつと農具川の土手にシベリアアイリス(信濃アヤメ)とレンゲツツジを育ててきました。今では約3kmにわたって、5月の下旬にはみごとな景観となります。
今日の作業は、シベリアアイリスの株のまわりの雑草を取り除く作業です。2時間くらいして、「そろそろ疲れたなあ」と思っていたところへ、お散歩の初老の方が声をかけてきました。一昨年に東京から大町に移住してきたそうで、このアヤメの花が咲くのがたいへん楽しみだといいます。そう聞くと、もうひとがんばりする気になります。
とはいえ、参加した8名は、私や八木市議を除けば、ご高齢の方ばかり。何事も、持続させることはたいへんですよね。
この農具川の花々と、中山高原の菜の花を、新しい大町の花の名所にしようと、3年前から「残雪に花ウォーキング」というイベントをやっています。しかし、毎年、花の咲き具合に気をやきもきさせられます。今年はどんな景色になるのでしょうか。ぜひお出かけください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply