トップページ » 菜の花ブログ » 大町の食材を楽しむ会

Author: yuko
• 土曜日, 3 月 27th, 2010
yukoです。

3月13日(土)くろよんロイヤルホテルにて、「大町の食材を楽しむ会」に参加、展示もしました。

e5a4a7e794bae381aee9a39fe69d90e5b195e7a4ba

午前の部では、群馬大学教育学部教授の高橋久仁子さんの講演を聴きました。

内容は、「食べ物情報」ウソ・ホント~フードファディズムに要注意!!~

フードファディズムとは・・・食べ物や栄養が健康や病気に与える影響を過大に信奉したり評価すること。

要はメディアなどに振り回されず、バランスの良い食事を楽しみましょう!という内容だったと思います。

その後、大町の食材を使ってシェフが作ってくれた、お料理を楽しみました:razz:

菜の花オイルを使ったお料理はこの2点

岩魚・凍りもちとコリンキーのエスカベッシュ菜種油ドレッシング(左)      シフォンケーキ(右)

e88f9ce381aee88ab1e382aae382a4e383abe38081e5b2a9e9ad9ae38081e5878de3828ae38282e381a1e381aee382a8e382b9e382abe38399e38383e382b7e383a5e5a4a7e794bae381aee9a39fe69d90e88f9ce381aee88ab1e382b7e38395e382a9e383b3

 

 

 

 

このほかにも大町の食材を使った、手の込んだお料理がたくさん:lol:

e4bfa1e5b79ee382b5e383bce383a2e383b3e381aee787bbe8a3bde381a8e381a8e3828ae38293e38194e381aee3818ae7b1b3e381aee38397e383aae383b3e5a4a7e794bae381ae

e381abe38293e381abe3818fe591b3e5998ce381abe6bcace38191e8bebce38293e381a0e5a4a7e794bae9bb92e8b19ae381aee383ade383bce382b9e38388e38395e382a9e381a3e382abe38383e38381e383a3e8b186e88590e381a8e3819de381b0e381aee5ae9fe383aae382bee38383e38388e4bfa1e5b79ee382b5e383bce383a2e383b3e381aee68abce38197e5afbfe58fb81e8b186e4b9b3e38397e383aae383b3e382aae383ace383b3e382b8e382bde383bce382b9e38392e383a1e3839ee382b9

この他に、「黄金シャモ鉄板焼き 蔵造り どぶろく割下ソース」、「そばアイスクリーム」、「イカ墨そば 野沢菜の大町漬け紅梅漬けと共に」などでした。

車で行ったので、お酒やワインが飲めなかったのが残念でした:oops:・・・仕事でしたし・・・

このブログをアップするのが遅くなった理由は・・・高橋教授が最後に、参加者からの質問に答えて、「遺伝子組み換えはまったく問題ない」とおっしゃったことがどうしても理解できなかったのです。

日本では、安全性の審査はされているようです。以下HP参照

http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/anzen/anzen.html

現時点での食品への安全性は確保されていということでしょうか?

環境への影響や、生物濃縮(子孫への影響)についてはまだわからないと思います。

安全とは?、安心とは?について考えさせられました。

ちなみに、私は環境省 環境カウンセラーに登録しております。以下HP参照http://www.env.go.jp/policy/counsel/list/detail.php?id=2004220001&p=1&address=&csl_name=%91%BE%92J%81@%97D%8Eq&word=&andor=and&katsudo_word=&katsudo_andor=and

工学士で化学の教員免許を持っているので、一応化学的知識はあります。いろんな情報が氾濫する中、自分で判断できるつもりです。がしかし、状況は刻々と変化しているので、学び合っていかなければ:!:

今度、仲間で学習会をすることになりました。また、報告します。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
ポチッと是非1日1回応援クリックよろしくお願いします

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.