トップページ » 菜の花ブログ » とうとう定着しなかった名称『covid-19』

Author: hige
• 水曜日, 5 月 27th, 2020

前回書いた『新型コロナ』ネタの続編です(^^;

なんしか、この辺で一応中締めしとこうかなっと!
っと言うのは、今が、あの『緊急事態宣言』時と一体何がどのように変わったのか?いまいち釈然としないからです。

宣言当時、いったい何を基準に「緊急事態」としたのか?...なんか良く分らんママにアベちゃんが「責任を持って」なんとなく「右見て左見て」決めたみたい(^^;
つまり、「新型」ゆえに「よく分からん」から、武漢から漏れ聞く不確かな情報を基に一応「宣言」しておきましょ的な...オイオイ大丈夫か!!

でもって、最近の、現在のデータと過去の参考データとの比較から得られそうな、感染状況の現況分析です。
コロナヴァイラス(ナンカ「ミシン」と「マシン」の様な違和感をいつも感じています)
<日本では「ウイルス」はかつてビールス」(ヴィ―ルスとも)と呼ばれていたけど、 英語でVIRUSと表記して、ドイツ語で発音するとビールス、ラテン語だとウイルス、英語ではバイラスの読み。日本の医学界は明治以来、ドイツの影響が強かったので、ビールスが主流だったけど、戦後昭和30年代にウイルスの表記が一般的となったらしい。IT分野?では、コンピューターウイルスとか言うもんネ。>
モトイッ!!...

新型コロナの国内での流行り始めから思っていた事ですが、コロナってつまりは「風邪」でしょ。それで怖いのはアノ「mers」・「sars」とか、後ナンカ「鳥インフル」とかって言うのも。
でも、幸い日本は助かっちゃったみたい。鶏や豚は確かに色々大変だった事があったけど。アッそうだ!その昔(^^;狂牛病なんてのもあったなぁ。
それでも、その後ズ~ッとお付き合いしている『コマッタちゃん』ナンバーワンがあのインフルエンザです。

日本国内でも世界全体でも、あの『スペイン風邪(新型インフルエンザ)』以来何度も襲われている季節性・流行性感冒。
直近では2009年、世界的にもけっこう流行ったみたいで、この豚由来のインフルエンザウイルスはA/H1N1 pdm09型とか呼ばれて、メキシコでの感染爆発では非常に感染死亡率が高いって言われたけど実際は大した事無かったらしい。
そんな訳で、日本では5月9日カナダへの短期留学から成田に帰国した大阪在住の高校生2人と教諭1人が初の感染者で、その後爆発的な感染は無く、早々に、翌2010年1月3日には『日本では203人が新型インフルエンザにより死亡とした』との発表があったらしい。まぁ、国は今回みたいにけっこうドタバタだったみたいですが、たまたまラッキーだったようです。ちなみに時の首相は麻生さんで厚労大臣があの枡添さんだったらしい。
そんなことだから、国内発生から僅か2ヶ月ちょっとの7月24には感染者数の全数把握を中止して通常のサーベイランス情報収集しかやらなくなってしまいました。
全く学習しない人たちです...(TT)
その結果、ロクなデータも蓄積出来ず、勇んで備蓄した超大量のタミフルは無駄になってしまったようです。
なんしか、今回の「新型コロナ騒ぎ」の「アベマスク」みたいな...
以上、詳しくはWikiの「日本における2009年新型インフルエンザ」でどうぞ。(ただし、データはあまり確りしたものが見当たりません)

でっ、ようやく本題です(^^;
前回に実は早まってピークを1週間外してしまいましたm(. .)m。
っというのは、日本のお役所仕事のせいか市民行動のせいか?感染情報のバラつきが7日単位で凸凹するのを配慮しなかったからでした。
早速、7日間移動平均を取ってみるとピークはぴったり7日後の4月14日になりました。(以下の図参照)
尤も、あたしゃズクなしなので、東京都のデータしか解析していません(^^;。それでも当時は都のサーベイランス情報でさえ移動平均はとっていなかった?あるいは公表していなかったからネ。

toukyou_infection

でもって、余計な前説が長くなってしまったので:mrgreen:、上の図にある「K値」と5月4日の出っ張りについては又次回に:roll: ヒゲジイ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response

  1. [...] 新型コロナⅡの続き、そのⅢまとめです。 [...]

Leave a Reply