トップページ » 菜の花ブログ » 閑話休題...「北アルプス国際芸術祭」その後

Author: hige
• 月曜日, 9 月 09th, 2019

某朝日新聞で
┏━━━━

「平均値」を疑え

┗━━━━━
みたいなインタビュー記事を見つけました。
統計に興味があったので読んで見ましたが、要するに、先だっての「老後2,000万円不足」みたいな「平均値」ではなかなか格差社会の実態は表すことが出来ない。標準的な分布をしない年間収入とか格差の大きい「維持すべき老後の生活水準」のような類は、「中央値」と言う指標の方がふさわしい。

っと言うようなことが書いてありました。
まっそうでしょう。
ニッセイの基礎研究所の偉い専務理事さんがおっしゃってました。

ただココで言いたかったのはその話ではなくて、最後の方で
┏━━━━
聞き手 一方で省庁の統計不正が次々に明らかになり、日本の統計は大丈夫かとも思いますが。

話し手 「終戦直後、吉田茂首相は『このままでは大量の餓死者が出る』とGHQに食糧援助を求めましたがそれほどの援助が届かなかったのに餓死者は限られました。吉田は『わが国の統計が完備していたら無謀な戦争はしなかったろう』と冗談でごまかしたといいます」
「占領下で日本の統計はずいぶん良くなりましたが、その後、人やお金を減らす中で、不正が生じたのだと思います。
戦略を立てるにも政策の効果を測るにも統計は重要なのに、政府も社会も関心が低かった。もう少し人手とお金を割くべきです...途中略...政治家や官僚が重要性を分からないと、なかなか充実されません。」
┗━━━━━
っと、こんな内容でした。
そうなんです、芸術祭の報告書に書かれるべき政策評価や経済効果等の判断基準となる「統計」とはかくも重要なもので決して疎かにしてはならないのです。...チャンチャン      以上一休みでしたm(_ _)m

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply