トップページ » 菜の花ブログ » 「北アルプス国際芸術祭」その後

Author: hige
• 月曜日, 1 月 14th, 2019

さて、年が明け「北アルプス国際芸術祭」のその後ですが、今年は亥年統一地方選にあたり、大町市でも4月21日投開票の市議選の年です。
一昨年の芸術祭閉会後、芸術祭の評価について書き散らしたブログをほじくり返してみました。
まだ総括もされる前でしたが、市行政のお先棒担ぎである某タイムスの見出しについて皮肉たっぷりに書き込んだものでした:mrgreen:

その”芸術祭評価:忍法「分身の術?」”の中で、某タイムスの市大本営発表をなぞった見出しは初の芸術祭閉幕 大町に45万人というものでした:shock:

そこで、今回はこの芸術祭の根本的な問題・課題は何か? という大きなテーマにチョット触れてみたいと思います。

市内の芸術祭を考える会、またこの件に関わる市の税金の使い方に異議を唱える有志の会(結審・判決待ち)、選挙管理委員会に対して、実行委員長である市長の選挙前の寄付行為を問い糺す異議申し立ての会等々、多くの問題が放置されたまま昨年の11月28日、既に、市議全員協議会において第2回芸術祭の開催基本計画案が発表されました。
その内容はといえば、全く前回の要綱をなぞっただけのものです。
エーッと!!そんなんで良いのでしょうか?市側の手抜きもヒド過ぎ!:evil:

慌てて、前回の芸術祭の最終開催報告書なるものを引っ張り出してみました。
よく読むと、いろんな課題等も書かれています。
公式な報告書ですから、さすがに「45万人」というバカげた数字は見当たりませんが、それでも「実来場者数の推計」として「54,395人」となっています。
これでもまだ大分水増しに思われます。全く根拠なしに期間中の国営アルプスあづみの公園入場者総数:19,679人を加えてあります。やはり私が以前試算した3万人弱が本当のところだろうと考えます。敢えて言えばその殆どは半ばお付き合い?で購入した大町市内や近隣の居住者だったのではないでしょうか。

この件だけでも、総額2~3億円もつぎ込んで、市役所職員をあげてやる一大興行の最終評価としてふさわしい数字なのでしょうか?こんな基本的な分析すらおぼつかない状態で、興行継続など信じられません。
未だにはっきりしない作品制作費の総額やその明細書、まがりなりにも総括された問題点の具体的な改善策等々置き去りにして、そもそも前回と同じスキームで良いのかどうか?
私の個人的な感想は『このイベント、はっきり言って大失敗でショッ!税金返せ!!』デス!

今一度原点に立ち返って議論されるべきではないでしょうか。

こうした状態の是正のためにも、今回の市議選はより大きなウエートを占めるはずです。
少なくとも、議会がちゃんと市政のチェック機関として機能する構成でなければならないと思います。
議員は市役所の職員じゃ無いんだから~~:wink:
皆さんはどうお考えですか?

拡散、炎上、大歓迎。コメント宜しく。
私の『大失敗』評価ですが、その根拠について続編有りの予定です(^^;
『「北アルプス国際芸術祭」その後Ⅱ』2月10日加筆

P.S. 大北・安曇野・松本方面での学習会等のご案内
1月26日(土)14:00~16:00 松本市勤労者福祉センターにて
「第13回  地域再生研究会:ワクワクする議会をつくろう!」
クリック→詳細・申込書(PDFファイル)

1月26日(土)13:00~15:30 Vif穂高ふれあい体験館にて
「パリテ・カフェ@信州 子育て世代が議員になってみたら」

応援クリック よろしくお願いします。
   ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses

  1. I think so.

  1. [...] お待たせしました。 “「北アルプス国際芸術祭」その後”の続編です。 [...]

Leave a Reply