トップページ » 菜の花ブログ » 植物講演会@氷風穴

Author: yuko
• 金曜日, 2 月 16th, 2018

yukoです

冷風穴あるところに温風穴あり:!:講演会の前に、見学会がありました。

この2つの写真は小諸市氷地区の温風穴です。写真では温かい風が吹いていることが感じられず残念ですが、右の写真の桜のつぼみが少し、赤味がかっているのがわかります↓

e5b08fe8abb8180211_132301
e5b08fe8abb8180211_132302

植物講演会では、

「氷風穴一帯に見られる植物」・・・柴平志保子講師

「スイカズラ属植物の分布の不思議-氷期の生き残りハナザキヒョウタンボクとエゾヒョウタンボク中心に-」・・・指村奈穂子博士

によるお話のあと、地元で風穴保存活動をされている方々を交えてのパネルディスカッション↓

e5b08fe8abb8180211_1530011ここの地域も人口減の中、持続可能であるためには・・・観光や開発との兼ね合いと環境保全。自然を守りながら、すばらしさも発信してゆきたい。など

私達も普段考えている問題をお聴きできてよかったです。

観察・調査し、整理して決める、ということが種を守るためには必要なことだとわかりました。これは環境アセスの考え方と同じですね!

この後は、懇親会もあり、おいしく楽しく、有意義な時を過ごさせていただきました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

応援クリック よろしくお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply