トップページ » 菜の花ブログ » 木崎湖畔の「棺桶」

Author: kasa
• 土曜日, 6 月 03rd, 2017

代表のkasaです。

わが家の窓から湖をはさんだ向かい側に、突然、大きな「棺桶」が現れました。

あさってから始まる「北アルプス国際芸術祭」(6/4~7/30)で展示される芸術作品「ベールの向こうに」です。

母は、「あれが冬だったら、景色に合うかもね・・」と、なるほどです。

ts3v0466

近所の人は、「あの変なの何?」という人、「棺桶」という人、「言葉が出ない」という人、話題性はあるようです。

過疎化をテーマにしたものだそうです。

空き家に対するレクイエムようなものでしょうか。

「よけいなお世話・・」というのが私の感想です。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses

  1. アタシも「鑑賞」に行ってまいりました(^^;
    アタシの感想は『棺桶』というよりは寧ろ『巨大クモの巣に覆われた廃屋』そのものでしたが...

  2. 上手い!
    観る距離からでも印象は違うでしょうね。
    別のご近所の方は、週末だけ戻ってくる方で、「防虫対策をしていると思った。アートとは思わなかった」そうです。

Leave a Reply