トップページ » 【1/13開催】政策学習交流会「人口減少時代の地域づくり」ご案内

• 月曜日, 1 月 06th, 2014

本会が連絡事務局をしている長野県住民と自治研究所の行事をご案内します。

第7回 自治体政策学習交流会

        人口減少時代の地域づくり

      ~中山間地域のくらしと産業をどのように持続させるのか~

日本全体において少子高齢化が急速に進行していますが、中山間地域の過疎化が進む市町村では、全国平均を上回る速さで進展しています。

こうした中、全国各地で「定住促進」の対策が競うようにとられています。しかし、定住促進策により、現在の人口を維持することが可能になると考えるのは非現実的で、厳しい予想の上で行政サービスや地域産業のあり方を描いていく必要があるのは言うまでもありません。ところが、大都市圏での人口減少に関する研究は多く見られますが、過疎地の深刻な課題に取り組む研究は少なく、私たち実践者にとっての羅針盤は見当たらないのが実情です。

そこで当研究所では、10月に行った大岡村での合宿調査などを踏まえて、「人口減少時代の地域づくり」を設定して、意見交換を行うこととしました。ぜひ、地域の実態や取り組みについて情報を持ち寄ってご参加願います。

日 程  1月13日(月・祝)午後1時半~午後4時半

会 場 松本勤労者福祉センター

会 費 会員500円(一般1,000円)

内 容

■開催挨拶と基調提案(安井幸次理事長)

■話題提供①「人口減少時代の地域づくり~大岡地区の調査から~」 相川陽一さん(長野大学助教)

■話題提供②「県内市町村の人口減・高齢化の状況」 傘木宏夫理事(NPO地域づくり工房代表)

■意見交流(司会:宮下聖史事務局長)

■まとめ(安井理事長)

主 催 長野県住民と自治研究所

連絡先 NPO地域づくり工房 E-Mail npo@omachi.org

Leave a Reply