トップページ » 菜の花ブログ » 仁科台中学生のボランティア体験

Author: kasa
• 土曜日, 7 月 13th, 2013

代表のkasaです。

今日は、大町市立仁科台中学校のボランティア体験(生徒13名)を受入れました。

この時季は、農具川のアヤメ街道に雑草が伸びてしまうので、草取りに苦労しています。農具川環境美化委員会のメンバーも高齢化しているので、立正佼成会や天理教の方々にもご奉仕いただいて、この時季を乗り切ってきました。

暑い中を頑張ってもらいました

暑い中を頑張ってもらいました

そこで、仁科台中学のみなさんにも、草取りの作業を手伝っていただきました。

おかげでだいぶきれいになりました。

とはいっても、13人の生徒でやっても、私と猪又さん(農具川環境美化委員会事務局長)でやった量とたいして変わらなかったですけどね・・・

ボランティアというのは、ただ働きという意味ではなく、「志のある労働」という意味です。学校ボランティアのように、「上から言われてやる労働」は、そのへんがちょっと違うのですよね。

来年、きれいに咲いたアヤメ街道を観に来て、自分たちの労働の成果を感じてもらえれば嬉しいです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response

  1. kasaさんお疲れ様でした。
    昨年は、総合学習で、このアヤメを使った信濃大町草木染め研究会の染め物体験や、菜の花ステーションの菜の花オイルについての学習に来てくれましたよね!
    地域にに出て、地域を知るきっかけになってくれれば有意義かと思います。
    仁科台は私の母校なので、嬉しかったですね~
    kasaさんの母校の大町第一中学校からも、今年は染物体験の講師依頼されてます。楽しみですね~

Leave a Reply