トップページ » 菜の花ブログ » 県政タウンミーティング@三郷公民館

Author: yuko
• 月曜日, 5 月 13th, 2013

yukoです

5月10日は安曇野市三郷公民館で開催された、県政タウンミーティングに参加しました。参加者230人とのこと。

知事から、しあわせ信州創造プラン~長野県総合5ヵ年計画~の説明。長野県は幸福度、就業率ともに日本一だそうです。

e79c8ce694bfefbe80efbdb3efbe9defbe90efbdb0efbe83efbda8efbe9defbdb8efbe9eその後知事、高木直樹さん(信大工学部建築学科教授)、小田切奈々子さん(自然エネルギー信州ネット事務局コーディネーター)による鼎談は知事が司会進行役。

テーマは「地勢と知恵を基礎とした環境・エネルギー自立地域の創造」主に自然エネルギーについてのお話でした。長野県環境エネルギー戦略参照

地方分権を目指し、地域でエネルギーを作ろう!あなたが!・・・という内容だったと思います。

会場からの意見も 求められ、バイオマスの普及や家庭のエネルギー消費比率などについて、質問・意見がありました。最後に私も意見を言いました。

「私は今、大町市のゴミ収集車の燃料のバイオ軽油を作っています。自然エネルギーを普及していくにあたり、メニューが多くあったほうが良いとの意見がありましたが、そのメニューの一つとして、バイオ軽由について考えてもらいたい。長野県は廃食油が産廃扱いになってますが、有価物扱いにしてほしい。私たちは全国菜の花ネットワークの一員として活動しておりますが、他の都道府県のほとんどは有価物扱いです。また、産学官連携してよろしくお願いします。」(産学官連携について言った理由は、長野県には研究機関がないのです。私たちも菜の花ネットワークのメンバーや、三重大学の先生にアドバイスいただきながらやっているからです。)

これに対して、温暖化防止課長は「産廃扱いの件は聞いておりますので、またご相談ください。」とのこと。

そして、知事の最後のあいさつでは、「・・・最後の方(私)が言われましたが、規制があるものは、ルールかえなければいけない。小水力発電の水利権の問題などもあるので、変えていくことも必要。どんどん言ってください。・・・」とのこと。

大勢の中で意見を言うのは大変でしたが、皆さんに聴いていただけて、すっきり!!

少しずつでも壁をなくしていかなければ!・・・

 

応援クリック よろしくお願いします(^^)

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses

  1. さすがyukoさん。おつかれさまでした。
    具体的なことを変えるのが一番難しい。理念はいくらでも口にできるけど、現実の困難は口では変えられない。やはり現場から発信しなきゃねー

  2. そうですよね!
    タウンミーティングに初めて参加しましたが、意見を聞いてくれたことは良かったと思います。実は、このことを大町のある市議の方に相談したところ、「県内で同じような活動をしている方々に声をかけて、ランチミーティングしてみたら?」と言われていたのです。そうなのです。他の自治体などでも始まっているのですが、やはり産廃扱いであることがネックになっているようです。知事は「私は良くわからない。」と言って、温暖化防止課長に振ったので、やはり次はランチミーティングかな?カレーランチミーティング、いいですね!

Leave a Reply