トップページ » 菜の花ブログ » 「14年目の訪問」に学ぶ

Author: kasa
• 火曜日, 5 月 07th, 2013

代表のkasaです。

ありし日の中坊公平氏

ありし日の中坊公平氏

昨日の新聞に、弁護士・中坊公平さんの死去が報じられていました。とても尊敬する方の訃報に接し、非常勤講師を勤める長野大学での講義「非営利事業論」で、今日は急きょ予定を変更して、「非営利事業と専門性」をテーマに、中坊さんの講演録(抜粋)を資料として配布し、短い話なので、読み上げて紹介しました。

中坊氏講演録(抜粋)【遅すぎた私の青春-森永ひ素ミルク中毒事件から(PDF)

このお話には、大阪府職員労働組合保健所分会と青年法律家協会(青法協)という非営利・非政府の組織が登場し、こうした組織が個々人の「志」を発揮する場を提供し、その結果、社会に大きな影響を与えていることがわかります。

また、「誰のための専門なのか」という、本質的な問を投げかけてくれています。

営利や権威ではなく、自らの志のために働くことの尊さを教えてくれた中坊さんに、感謝と哀悼の意を込めて、ここに紹介します。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply