トップページ » 菜の花ブログ » オリンピックの感動を、まだ開催していない都市に!

Author: kasa
• 火曜日, 4 月 30th, 2013

代表のkasaです。・

日本、とりわけ東京は、オリンピック開催を起爆剤として、高度経済成長や都市基盤整備、スポーツ文化の振興を果たしてきました。

「オリンピックの感動を、まだ開催していない国や地域に広げよう!」untitled

ずっとそう思いつつ、公の場では言いにくい気がして、謹んできました。でも、このたびの猪瀬知事の発言で、そういう遠慮は不必要だと思った。石原前知事や猪瀬現知事の「先進国」きどりはうんざりです。

イスタンブールで開催されるオリンピックと関連報道を通じて、まだ行ったことのない魅惑の国・トルコを知りたい。イスラム文化について、スポーツ交流の報道を通じて学びたい。

2020年オリンピックはぜひイスタンブールで開催されることを願います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses

  1. アハハって!!あたしもマサにそう思っていたとこですぅ~(^^;

    猪瀬ちゃんて、オラガ?長野県出身で信大の経済だそうです。
    『ミカドの肖像』(1986年)あたりではニュートラルなドキュメント作家と思っていたのですが、その後激しく右傾化しちゃったのかしら...

    まっ、口は災いの何とかとか、常識的には「東京開催」の目は無くなったと言うことでしょ。

    マドリッドも良いですけど、やっぱ飛んでイスタンブールですなぁ。
    意味無く、なんとなくかっこ良さそうだから(^^;

    その昔、オリエント急行に間違って乗ってしまったのですが、ドイツだかイタリアあたりで降ろされてしまい、心残りですたから...

  2. わたしもそう思います。同感!

Leave a Reply