Archive for Blog ◊ 活動 ◊

Author: yuko
• 水曜日, 9 月 01st, 2021

先日(8月13日~15日)木崎湖畔で3年目となる「長谷川章 第4回D-K塾」を開催した。今年は、木崎湖畔の旅館街をデジタル掛け軸で投影した。そして、地域の恒例行事である灯篭と花火も合わせて行った。

新聞やSNSで宣伝を行ったこともあり、最終日には多くの方が来てくれた。

目次

1】D-k塾1日目「大学と高校が連携してD-kを行った 学生祭!」

2】D-K塾2日目「長谷川章のこれまで デジタル掛け軸の意味」

3】D-K塾3日目「木崎湖花火大会&灯篭とデジタル掛け軸」

 

1】D-K塾1日目 

1]宝塚大学の渡邊先生が高校で実施した事例を紹介し、話題提供をしてくれた。

2]話題提供のあとは質疑応答の時間を設けた。 d-ke5a1bee38080e291a0

  1)学校によって違いがあること

  2)成功した学校では、学生が自ら企画、運営、

    町への広報等を手がける自主性があった。

  3)金銭面に関しても、テレビの取材による宣伝により、

     高校・大学両面の学生の入学を増やすことが出来た。

 3]意見交流では、参加者自身が行っている仕事を関連して

d-ke5a1bee38080e291a1

  

 

D-kイベント活用方法を話し合った

 

 

4]実習では電源の確保やプロジェクターの設置場所・紹介のデータ

 defbc8dke5a1bee38080e291a2

 

 

 

 

 2】D-K塾2日目

1]長谷川章氏が話題提供者となり、長谷川章氏自身の生い立ち、

「デジタル掛け軸」という名前に掛けた思いを教えもたらった

  1)長谷川章氏の物語

エピソード1    d-k

  ラジオ配信電波をジャックして自ら配信していた。

 その時に、「聞いている方は電気の点灯を2回してください。」

言って自分の家の窓から目視で視聴率を確認したことを語る

   

エピソード2 大手の会社との連携し、コマーシャルを作成。

    当時のコマーシャルは作るのに多くの人の手間と数ヶ月という時間を要した

    大手との連携で最新の技術を活用した際、

    人手も、時間も圧倒的に短縮された。

    圧倒的な技術の革新を目の当たりしたことを語ってくれた。

 

  2)デジタル”掛け軸”に掛けられた思い。

    d-ke5a1bee291a32


                 掛け軸は、床の間に掛けられる掛け軸から来ている。

    軸の文字は、季節を表す。

     長谷川氏は、この掛軸から床の間という「空間」と四季という「時間」の

     両方を「掛ける」という言葉で掛けている。

     長谷川氏は日本文化の「わび・さびに敬意を表していた

 


2]実習

d-ke5a1bee291a4

d-ke5a1bee291a6

d-ke5a1bee291a7

プロジェクターの試写、電源、設営場所の調整。

そして、雨の日の対策を教わった。

 プロジェクターのレンズ

をつける方法も教わる。

 夜に実際の試写を行

試写の時に絵の調整を行った。

企画イベントとして、D-kとのコラボダンスを実施した

 3】D-K塾3日目

d-ke5a1bee291a8

 灯篭の準備 

 

夏らしく、日本の文化を途絶えさせないという思い設置した。



d-ke5a1bee38080e291aa1 

 デジタル掛け軸も家だけでなく、山にまで映った。

d-ke5a1bee38080e291ab

 

花火は本当に一瞬でしたが

上げられて良かった。

 


ー感謝ー

D-K塾と木崎の花火大会を一緒に運営して協力していただいた

ゆ~ぷる木崎・大糸タイムズ・ねまるちゃテラスの方々には

感謝を申し上げます。

また、お客様はもちろんのこと、長谷川氏並びにスタッフ、

また遠方からお手伝いいただいたスタッフの皆様、

本当にありがとうございました。

Author: admin
• 水曜日, 3 月 14th, 2018

なかむより

3月9.10日に全国菜の花サミットin南阿蘇がありました。

今回の菜の花サミットは世界農業遺産・阿蘇の農業の未来を考えるシンポジウムとの同時開催となりました。

1日目の後半で菜種オイルソムリエのワークショップを行いました。

img_4862

今回のワークショップでは

オイルそのものを直接味わうのが初めての人もいました。

オイルテイスティングをしていると

産地や搾油方法でも違うことから

みなさん楽しそうに各地の風味を比べたり、

味わいの違いを楽しんでもらいました。

2日目はまず、エクスカーションでした

去年、開業したGIAHS CAFE や名水百選の明神池水源

ジャージ牛のお話そして二年前起きた震災の傷跡を目の当たりにしました

eddc5086-8229-47e5-842d-daa02b4abab9     ここは一番被害が大きかった東海大学前の橋とその反対側の土砂崩れの場所です。

震災当時東海大学の学生だった私は友達との話で熊本キャンパスの話を聞いてからはじめて現場を見ました。

午後の部では、クロストークでは種まき大作戦実行委員長のYaeさんとOme Farm代表の太田太さんそして阿蘇さとう農園代表佐藤智香さん三人で今の農業について聞くことができました。

テーマの種の話ではないがとても興味深かったのは獣害対策についての話でした。

関係者のみなさん、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

Author: admin
• 水曜日, 4 月 01st, 2009

最新の3D-VR技術を活用して、住民参加の地域合意形成のお手伝いをいたします。

・環境アセス とは

 NPO地域づくり工房では、環境と経済が調和する持続可能な社会の構築に寄与するために、環境影響評価(アセスメント)を推進しています。

 環境アセスは、事業者が、自らが行おうとしている開発行為の環境への影響を見積り、その内容を公表し、住民等との情報交流を通じて、より適切な環境配慮をめざす取組みです。

 本来、環境アセスは、事業者が自主的に行うべきものです。しかし、わが国では、制度の対象が大規模事業に限定されているために、事業者による「アセス逃れ」が横行してきました。また、残念ながら、市民活動の側にも「アワスメント」や「開発の免罪符」という偏見が根強くあり、環境アセスを軽視したり、時にはアセス推進派を反対運動の「妨害者」と決め付ける場面もあったりします。

 環境アセスは、地域の環境に関する貴重な情報が大量に生産される機会です。この機会に積極的に関与し、環境保全に有益な対策が導かれるように働きかけることは、環境NPOの重要な役割です。

代表理事 傘木宏夫(環境アセスメント学会・常務理事)

※参考論文 (別ウィンドウ又はタブで開きます)

傘木宏夫『環境アセスメントにおけるNPO活動の役割』
環境アセスメント学会10周年記念集
『環境アセスメント学の基礎』(恒星社厚生閣、2013年2月)の第7章3より

■ 自主簡易アセスメント事例

 自主簡易アセスメントとは、国や自治体の制度には規定されていない環境アセスの手続きを、事業者の説明責任として実施するものです。NPO地域づくり工房では、地元事業者との協働により、自主簡易アセスメントの業務を行っています。

 ◇伊那市西春近南地区ソーラー発電所・自主簡易アセスメント
(委託元:ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社様)

 ◇養漁場跡地太陽光発電所計画・自主簡易アセスメント(委託元:ソーラーカナモリ株式会社様)

 ◇中綱南側土砂採取事業・自主簡易アセスメント(委託元:株式会社マテリアル白馬様)


※参考論文(別ウィンドウ又はタブで開きます)

「NPOによる企画提案と実践から思うこと ~小規模土採事業での自主簡易アセス業務を通じ~」
傘木宏夫:『環境アセスメント学会誌』(12-1,20142月)より
2013年度研究発表大会でのシンポジウムでの報告要旨

■ アセス対策学習会等への講師派遣

 開発事業に関する環境アセスの実施に際して、住民の側からの対策について助言する活動を行っています。お気軽にご相談ください。

※参考論文(別ウィンドウ又はタブで開きます)

傘木宏夫「辺野古アセスにおける説明責任と公衆関与」
環境技術学会誌『環境技術』(Vol.41 No.5,2012)の特集「辺野古アセスを総括する」より
市民による学習活動の経緯と成果に着目して論説

■ 企業に対する環境監査等

 企業の環境活動に対する助言を行っています。現在、傘木代表がコープながのの環境第三者検証委員を務めています。

※参考論文(別ウィンドウ又はタブで開きます)

傘木宏夫・山本芳華「コープデリ事業にみる宅配事業の環境経営面からみた評価」
環境アセスメント学会2013年度研究発表大会での発表要旨

傘木宏夫・山本芳華Analysis and Assessment of Environmental Management of Home Delivery Service by Consumers’ Co-operative
日韓中・環境アセスメント国際ワークショップ(2013.11/7-8)での発表要旨

Category: 活動  | Tags:  | Leave a Comment
Author: admin
• 火曜日, 3 月 03rd, 2009

・発足の経緯(旧ホームページの資料集へのリンク)
2002年10月から半年間の「仕事おこしワークショップ」の成果として発足しました。
北アルプスから豊富に流れ出す水と、先人たちが開拓してきた農業用水路を、地域の資源としていかして、個性的な地域づくりをすすめようとするプロジェクトです。
2003年10月18日、市民実験として3ヶ所でミニ水力発電所をたちあげてました。

プロジェクトがめざす地域づくり像

駒沢水力(縦軸簡易設置型)

駒沢水力(縦軸簡易設置型)

コヲミ平水車発電(木製水車)

コヲミ平水車発電(木製水車)

川上水力(螺旋形水車)

川上水力(螺旋形水車)

小西水力(撤去済・サイフォン式)

小西水力(撤去済・サイフォン式)

・くるくるエコプロジェクトの現状と課題(2007年11月時点)
ミニ水力発電の普及をめざした「くるくるエコプロジェクト」は、2003年10月に立ち上げた3ヶ所(川上、駒沢、小西の各ミニ水力実験所)での公開実験の開始から6年が経過しました。
その後、小西ミニ水力発電所は、地元土地改良区にたいする不手際等があり継続できなくなりましたが、2005年10月に北安中部漁協との連携によるコヲミ平ミニ水力発電所がつくられ、現在にいたっています。
また、この間、木崎湖の水門を利用した発電、商店街の暗渠となっている水路を使った発電など、新たな挑戦も試みていますが、水利許可をめぐる壁が高く、思うような展開ができていません。
とはいえ、ミニ水力発電に対する関心はようやく全国的に高まりつつあり、現在でも多くの見学者が訪れています。ある見学者には「これを継続し、その苦労 や課題を含め発信しつづける義務があなたたちにはある」と指摘されましたが、全国的な観点からの意義は色あせていないようです。
国土交通省にたいする水利許可申請は毎年更新してきました。国としては、公共用水を個人的な発電に利用することは許可できないという立場です。そこで、 私たちは市民実験であり、環境学習活動であるとの立場で申請し、許可を得てきました。実際、全国から多くの見学者がたえないことは、その証左ともなってい ます。
とりわけ、川上博さん(本プロジェクト顧問)よる川上ミニ水力発電所は、自前のらせん型水車と変電設備で、オール電化住宅と組み合わせたユニークな省エネルギー住宅となっており、来訪者は必ず驚きの声をあげています。
日本で初めてベトナムから輸入した発電機を設置した駒沢ミニ水力発電所は、水路に直接設置しているため、落ち葉や枯れ枝などの問題があり、一時的な利用 にとどまっています。しかし、設備の安さ、設置方法の手軽さもあって、この発電機はいまや全国6~7地域で輸入されているようです。
コヲミ平ミニ水力発電所は、景観と調和したクラシック型水車で、背景の大町ダムとのコントラストもあって、見学者に好評です。しかし、諸々のトラブルもあって、発電という点では思うような成果をあげていません。
駒沢水力とコヲミ平水力に共通して、恒常的なメンテナンスが課題です。川上水力のように自宅前に発電設備があると管理しやすいのですが、水力発電は24時間発電することが利点でもあり、難点でもあるのです。
一方、大町市内では、市が社地区の水路を使って100kW級の小水力発電により公共施設に電力供給する事業に着手しています。また、東京電力が大町新堰 を使った1000kW級の小水力発電を行い、首都圏に送電する計画を市に提示しています。こうした動きを、自然エネルギーの普及という観点から歓迎したい と思いますが、地域おこしという観点から地元産業を育てるものとはなっていないことを残念に思います。
本会のくるくるエコプロジェクトは、日本ではまだ十分なノウハウが蓄積されていない10kW未満のミニ水力発電の普及をはかるものです。それだけに、注目もされていますが、制度的にも、技術的にも、課題が山積にしています。
国にたいしては、特区申請も試みましたが、「水利権は全国一律に対応すべき課題」と門前払いとなっています。傘木代表が関東経済産業局による調査委員会 の委員に選任され、そのような機会を通じて、電気保安管理士の設置を必要としない10kW未満のミニ水力発電にたいする規制緩和(許可制から届出制へ)を 提言しています。
いろいろな制約はありますが、ミニ水力にたいする全国的な関心の高まりを追い風に、またそれを裏切らないように、この活動を継続し、地道に広げていきたいと考えています。
・新聞報道
日本経済新聞記事 2007.6.21付

Category: 活動  | Tags:  | 3 Comments
Author: admin
• 火曜日, 3 月 03rd, 2009

・発足の経緯
2002年10月から半年間の「仕事おこしワークショップ」の成果として発足しました。
使われなくなったスキー場や休耕田、旅館やホテルなどの廃食油、障害者・高齢者の働きたいという意欲、冬期の建設労働者の働ける力などを組み合わせた検討が、全国的に広がりつつある「菜の花プロジェクト」と結びつきました。
2003年夏、市民実験として障害者作業所とともに市内の廃食油を回収調査を行ったことを皮切りに、バイオ軽油の精製作業を構築してきました。
また、2005年度よりは、菜の花農業生産組合とともに、菜種油をエキストラヴァージンオイルとして普及する活動をすすめています。

プロジェクトがめざす地域づくり像

n_project

元スキー場を開墾して菜の花畑に

スキー場を開墾して菜の花畑に

コヲミ平水車発電(木製水車)

石鍋シェフと仲間たち

焙煎・搾油作業

菜種の焙煎・搾油作業

バイオ軽油使用のゴミ収集車

バイオ軽油使用のゴミ収集車

・菜の花エコプロジェクトの現状と課題(2007年11月時点)
bdf_leaflet2003年からたちあげた「菜の花エコプロジェクト」は、さまざまな試行錯誤を経て、菜の花農業生産組合および東京菜の花プロジェクト連絡会との連携、市内の観光業や建設業などの協力により、市民事業としての形をなしつつある。
現在、BDFについては、市内の旅館・ホテル、飲食業などを中心に廃食油を回収し、本会の会員を対象に、月2000~2500㍑のBDFを提供している。 その用途は、建設業や農林業などの重機、山小屋の発電機、民宿のマイクロバス、個人の自家用車など多彩で、若い世代を中心に利用が広がっている。
菜種油の生産は、菜の花農業生産組合が組織され、蕎麦と菜種の混作という画期的な方法により、使われなくなったスキー場からはじめて、その後も耕作面積を 広げ(約20ha)、2006年9月、長野県より荒廃農地解消の功績により知事賞を受賞した。ここで取れる菜種を、同組合が手作業で搾ったヴァージンオイ ルとして普及している。2006年10月よりは「菜の花オーナー」制度を立ち上げ、全国から250名余が登録されている。
当初、手作業で苦労して搾った油は、どろどろで色も濃く、これではてんぷらもできない、バイオ軽油にするしかないとあきらめかけていた。ところが、つてが あって、かつて人気テレビ番組で「フレンチの鉄人」と呼ばれた石鍋裕シェフより、「てんぷら油の発想はやめなさい。これがヴァージンオイルであり、私はこ ういう油が日本でつくられることを願っていた」と助言をいただいた。
【菜種油→廃油→BDF】という循環を固定概念としてもっていた私たちとっては衝撃的なことで、これを受けて、次のように方針を組み替えた。
①荒廃地などで菜種を栽培し、それを搾りたてのヴァージンオイルとして普及する。(食べきるので廃食油は派生しない)菜の花オイル
②市内の旅館・ホテル・飲食店などの廃食油を回収して、BDFに精製して、地域内で消費する。(食用油は国内消費の98%が輸入なので、それはきちんと再資源化する)
この方針により、付加価値の高い菜種油の生産ができるようになり、事業としての定着を可能にした。また、食油としての豊かな利用方法を知ってからは、食糧の安易な燃料化の動きには疑問を抱くようになっている。
さて、地元に菜の花畑が広がってくると、これを観光資源として活かそうと「残雪に花 ウォーキング」実行委員会が2006年11月よりたちあがり、イベントの企画や旅行商品の提案などを行っている。
しかし、課題も多い。食廃油の収集とバイオ軽油の生産は、産廃をめぐる諸規制の強化や寒冷地特有の制約、採算性の低さなどの課題が山積している。また、バ イオ軽油の規格化の動きも、私たちのような地域単位の取り組みを駆逐する可能性もあり、注意を要する。いずれにしても、自治体の取り組み姿勢により、大き く左右される事業であり、経験や支援策の交流が広がることを期待したい。
・新聞報道
読売新聞記事 2007.9.25付、9.26付
・関連リンク
工房姉妹店・菜の花ステーション/ネットショップ
菜の花プロジェクトネットワーク

Category: 活動  | Tags:  | Leave a Comment